東京からソウルへはわずか飛行機で2時間。一番身近な国ながら日本人の韓国人、韓国文化への理解は必ずしも十分とは言えません。だからこそ一度はじっくり腰をすえて体験したいもの。語学留学はそれを実現できる数少ない方法と言えるでしょう。韓国留学で人気が集中しているのがやはりソウルの学校。外国人受入経験も豊富で、ハイレベルな授業が期待できます。その中でも人気の7校を韓国留学では他の追従を許さない実績と豊富なデータを持つ国際交流が推薦します。

10週間(1学期)に必要な費用

例:延世大学

@留学代行手数料

\35,000

A学費

\124,500

 学費送金費用

\4,000

B航空券(片道)

\35,000

 海外旅行障害保険

\29,880

 空港施設使用料
 (成田)

\2,040

 旅客保安サービス料

\500

 空港施設利用料
 (ソウル)

\2,100

C宿泊費
 (下宿:W450,000/月)
  ×3ヶ月分

\101,250

 食費

\31,500

お小遣い(3ヶ月分)

\30,000

合計   約¥395,770

※上記はモデル料金です。実際にお支払いいただく金額ではありません。

<@留学代行手数料>
☆留学代行手続をお申し込みいただく際に必要な費用です。
 当センターにお支払いいただくのはこの費用のみです。
<Aご出発に必要な費用>
☆学費(入学金含)は入学申請を行う際に日本から送金します。なお銀行の送金手数料はお客様ご負担となります。☆身元保証は必要な場合のみご依頼いただきます。詳しくはビザの欄をご覧下さい。
<B渡航に最低限必要な費用>
☆航空券は当センターにて手配していただいた場合の参考料金です。個人で手配していただいてもかまいません。(30日以上は片道航空券となります)
☆旅行保険は契約内容により保険金が異なります。
<C現地費用>
☆現地で最低限必要と思われる費用です。下宿は1日2食が含まれていますので、食費はそれ以外の食事代(昼食など)の平均値です。
☆お小遣いは過去参加者からのアンケート等による平均値です。食費以外の生活費、有効費などが含まれます。

 

■韓国査証(ビザ)について

 

 

●韓国ビザ
 1学期(3ヶ月)のみの語留学を希望されている方は、ビザが必要ございません。
 2学期(3ヶ月)以上のご留学からは、ビザ(D4ビザ)が必要となります。

●身元保証書
 現在、多くの大学では銀行の残高証明書があれば、身元保証書の提出は不要になりました。
 しかし、学校によっては、身元保証書が必要になるところもあります。
 詳しいことはお問い合わせください。

国際交流サービスセンター

Copyright(C)2005 I I S C. All Rights Reserved