●個人留学のすすめ
個人留学とは、航空券、ビザなどの渡航手続きをを別途手配していただく留学スタイルです。全ての長期留学コース、短期留学コースの一部がこれに該当します。個人留学といわれても初めて耳にする人もいるかもしれません。また一人で留学しなければならないので寂しいなどと勝手に誤解される方もよくいらっしゃいます。そこではじめに個人留学とは何かを説明しましょう。
★ポイントその1 出発日や帰国日を自由に設定
個人留学では、ご自分のプランに合わせて出発日や帰国日、航空会社をお選びいただけます。パッケージ留学のようにわざわざ東京や大阪まで行かなくてもお近くの空港から出発できますし、好きなときに出発日・帰国日を設定できるので、研修前後に旅行を計画することも出来ます。
★ポイントその2 飛行機は自分で取る

××日間コース、○○○,○○○円というパッケージ留学と比べ、個人留学には往復航空券がセットされていません。これも実は留学費用を安くおさめるための工夫。最近では格安航空券という言葉もだいぶ広まってきています。皆様にはぜひこれを活用していただきたいものです。海外旅行が始めてで航空券の手配の仕方が分からないという方や手続きが面倒な方もご安心ください。当センターでは、航空券やビザなど渡航に関する手続きも行っております。お気軽にお問合せ下さい。

★ポイントその3 頼りになるスタッフ陣
「経済的なのはいいけど個人留学だと現地に着いてから不安では」これも心配ご無用。お申し込み前のカウンセリング、出発前の説明会、そして現地での当センタースタッフまたは現地アドバイザーのサポートで皆様の不安を徹底的に解消します。当センター国内スタッフは皆留学経験のあるつわもの揃い。留学手続きのみならず現地事情にも通じていますので是非一度お問い合わせ下さい。(一部のコースでは日本語アドバイザーがつかない場合があります)

▲ページのトップ
 ●個人留学のしくみ
個人手配
航空券の手配
ビザ申請
個人手配
お申込
代行手数料
願書提出
研修費と 宿泊費のお支払い
最終説明会
最終案内
ご出発

●個人留学での費用体系
 @代行手数料  @Aはコースごとに明記されています。
 BCは皆様の行動力次第です。
 A現地費用
 B渡航費用
 C個人的消費
●個人留学Q&A
Q.現地費用の支払いはどうなるの?
A. 学費の支払い方法はコースによって2通りのタイプがあります。
事前支払いタイプ:学校側の指示に従い現地費用の全部または一部を入学申請時に現地へ送金します。現地への送金手続きはもちろん国際交流が代行して行ないますのでご心配はいりません。現地支払いタイプ:コースに表記されている現地費用はすべて現地到着後に現地通貨にて直接学校または宿泊先にお支払いいただきます。
Q.現地スタッフって何?
A.国際交流では皆様が現地で滞りなく留学生活が送れるよう現地でのサポートを行なっています。ただ地域によってサポート体制も異なります。短期コースに限っていえば、日本人によるサポートが受けられる地域:香港、ベトナム、タイ。現地スタッフによる日本語サポートが受けられる地域:中国(北京)、韓国に分けられます。また中国、韓国、ベトナムでは期間中、緊急時には24時間電話サポートを行なっていますので安心してご利用いただけます。

▲ページのトップ
国際交流サービスセンター
Copyright(C)2005 I I S C. All Rights Reserved